お薦め

「卒塔婆(そとうば)とは?」

卒塔婆、これ何と読むかわかりますか?
一般に「そとうば」・「そとば」と呼ばれています。
これは卒塔婆の故郷インドのサンスクリットの中にある、
ストゥーパの音に漢字を当てはめたものです。
塔婆や仏塔というように略した形で呼ばれることも多いようです。

日本の場合だと、お墓の脇に立てる塔の形をした木製の板のことを卒塔婆と呼ぶことが多いです。
ただし、卒塔婆というと岩でできた五輪塔と区別が付かなくなることがあるので、
わざわざ板塔婆というように呼ぶ場合もあるようです。

この卒塔婆、いったい何のために使われているのでしょうか。
宗派などにより別のパターンもあるでしょうが、一番の理由は追善供養。
要は、亡くなった方がこの世で積めなかった善行を、
本人が死んだ後で遺族が積むことで、
本人を極楽浄土に連れて行ってもらおうということのようです。
このことを一般に「卒塔婆供養」と呼びます。
ただ、できることなら、後から善をつまなくても極楽にいけるよう、良い生き方をしたいものです。

さて、卒塔婆供養は納骨の際に第1回目が行われ、
法要があるたびに新しい卒塔婆に取り替えられます。
ただし浄土真宗は、これを採用しておらず卒塔婆はたてません。
また卒塔婆には宗派により戒名であったり、
命日であったり、願主であったり、供養年月日や命日であったりします。
この辺りは、それぞれの宗派やお寺によって変わってきます。

また、五大の梵字が書かれることもよくあります。
五大とは「空・風・火・水・地」の5つを指し、
これはインドにおける宇宙構成の5大要素を示しています。
ちなみに読み仮名は「キャ・カ・ラ・ヴァ・ア」です。
難しいですね。

最近では忙しくて法事に参加できない人のために、
お寺で卒塔婆供養を代行してくれるところも増えてきました。
ただ、卒塔婆は代わりに建ててくれますがやはり自身で手を合わせにいった方が良いと思います。

また、一般には墨で書く卒塔婆ですが雨が降るとにじんでしまったり、
書ける人が減ってきているということもあり、印刷で済ませる場合も多いようです。

最後に、卒塔婆は木製なので雨風にさらされているうちに腐ってきます。
虫がわいたりお墓が汚れる原因になりますから、
ほったらかしにせず都度新しいものとかえるようにしたいものです。