お薦め

「ペット葬儀寺院

最近は、ペットも家族の一員とされることが多く、
亡くなったあとに葬儀や法要を行ったり、
霊園や墓地に埋葬されることも珍しいことではなくなってきました。

実際に、ペット専用の葬儀場がありますし、葬儀社も探してみるとたくさんあります。
葬儀・供養を行ってくれるペット葬儀寺院もたくさんできてきました。

ペット葬儀寺院は人間と同様に、葬儀・納骨・供養を行ってくれます。
基本的には人間と同じお墓には入れませんが、
新しくできたペット霊園などの中には飼い主と一緒に入れるようにしたところもあります。

葬儀の形態は個別火葬か合同火葬があり、個別の場合は単独で、
合同の場合は他家の動物たちとの合同での火葬となります。
立ち会い火葬もでき、一任火葬といって火葬や納骨を寺院に一任することもできます。

立ち会い火葬は人間の場合と同様に専用車でのお迎えもありますが、
お迎え同行をしてくれるところもあります。

遺体を持参という寺院が多いようです。
遺骨を持ち帰る返骨と寺院に埋葬する納骨とを選択することもできます。
返骨した遺骨を後日納骨堂に納めることを可能としている寺院もあります。

火葬場はペット専用のところを使用するのがほとんどですが、
寺院によっては移動火葬車を持っているところもあります。

料金は寺院によってさまざまで、安いところは7000円程度から、
高くなると100000円程度もかかります。

ペット葬儀寺院のお墓は、屋内型のロッカー式や棚式の納骨堂への納骨や、
屋外型の個別の墓地への埋葬、屋外型の共同墓地もしくは
合同供養塔への埋葬などの3タイプがあります。

お参りは、ペット葬儀寺院に関わらずペット霊園なども平日や土日問わずいつでもできます。
寺院によっては毎月の定例合同法要が行われたり、年に1、2回の合同動物慰霊祭などが実施されます。

一般的には、49日や100日、命日である一周忌などの忌日のお参りと
寺院の行事である合同慰霊祭への参加が必要なお参りとなってきます。

ペット葬儀寺院ではこのような供養が一般的ですが、
その他の供養方法として海洋葬や山林葬と呼ばれる海や山への散骨、
お花畑葬やペットの樹木葬などの供養の方法もあります。

どのような形でも愛するペットが安らかに眠りにつけるように供養できれば良いのではないでしょうか。