お薦め

「家紋コレクション」

日本古来の文化、家紋。
平安時代にはすでに存在していたようですから、
いかに歴史のあるものかがわかります。

家紋が示すのは、苗字。
源氏、平氏、藤原氏、橘氏といった家系が絶対的な権力を持っていた頃、
地方に移り住んだ氏族の一部が、他の氏族と区別をつけるために名乗ったのが姓。

要は屋号ですね。
この屋号である姓を、ビジュアル的に表現し、
見せればどこの誰かがわかるようにしたのが家紋というわけです。

家紋は日本だけでも241種類、5,116紋以上が存在していて、
そこからの派生を合わせると2万以上にのぼると言われています。

この家紋は戦国時代、江戸時代、明治、そして現代へと引き継がれていくわけですが、
特に家紋の種類が爆発的に増えたのは戦国時代。
同じ一族の間でも戦わなければならず、同じ家紋だと戦場で区別が付かないため、
同じベースを使いながらも細部が変わり、様々なバリエーションが生まれました。

今では家紋をおおっぴらに見せているのは、由緒あるお店や歌舞伎などの文芸にとどめられていますが、
ほとんどの家には伝えられていますから、冠婚葬祭の際の礼服などで見ることができるでしょう。

さて、家紋というのは本当に様々で、本が一冊できてしまうほど深いものです。
ここでいくら語っても、誌面が足りませんから大きな所でポイントだけ解説していきます。

家紋の大きなカテゴリとしては、
葵や菊など、植物をモチーフにしたもの
扇やうちわなど、ものをモチーフにしたもの
鳥居や石畳など、建築物をモチーフにしたもの
蝶や鶴など、動物をモチーフにしたもの
目結や花菱など、模様をモチーフにしたもの
星や月など天体や気象、地理をモチーフにしたもの
卍など、文字や記号をモチーフにしたもの
などがあります。

この中で、たとえば葵であれば徳川一族の家紋、
菊であれば皇族の家紋、というようにわかれています。
また、家紋を元につくられた企業や地方自治体のシンボルマークが多いのも面白いです。

三井グループや明治屋、鹿児島市や鎌倉市などのように、
ほぼそのままを採用しているところもあれば、
三菱グループのようにダイナミックなアレンジを加えている場合もあります。

これもまた、家紋が日本人にとって深く大きなものであるという現れでしょう。
こちらのサイトの墓石の形の意味とはの、詳しい解説も大変参考になりました。