お薦め

「不思議なカタチをした五輪塔とは?」

五輪塔。
一度は見たことがあると思います。
個人のお墓というより、供養塔などに使われているアレです。

ただ、今はそれほど高くないのに塔というのはおかしいということで、
区別するために仏塔と呼ばれることがあります。

五輪塔には、安山岩や花崗岩、凝灰岩といった岩を使ったものと木製のものがあります。
木製のものもありますが、これはきちんとしたお墓を作るまでの雁のお墓として使われることが多いようです。
また木製のものは五輪塔とは言わず、塔婆や卒塔婆と呼ばれるのが一般的です。

五輪塔は、五輪卒塔婆、五輪解脱などとも呼ばれていて、
もともとはインドから入ってきたもののようです。
日本では平安時代頃から使われ出したという記録が残っています。

五輪塔は文字通り、五重塔のように5つの屋根のようなもので構成されています。
これにはそれぞれ名前があって、下から地輪、水輪、火輪、風輪、空輪といいます。
これは、古代インドの宇宙の構成要素、または元素と考えられています。
珍妙な形をしていますが、ちゃんと意味があるんですね。

ちなみに日本ではこの5つの屋根に「妙・法・蓮・華・経」や「南・無・阿弥・陀・仏」、
「地・水・火・風・空」といった漢字を刻むことがあります。
この五輪塔は、江戸時代中期に今の四角い墓石が普及するまではお墓として使われていました。

現代でも墓地やお寺で見ることができますが、これは冒頭でもお話ししたとおり、
主には供養塔としての意味合いが強く、個人のお墓として使われるのは、
よほど身分が高いか有名な人でもない限り、そうそうありません。

最後に豆知識になりますが、浄土真宗の場合、
岩で作られたものであれ、木製のものであれ、五輪塔は使われません。
これは五輪塔が供養塔としての意味合いが強いのに対して、
浄土真宗に先祖供養の教義という概念がないからだと言われています。

田舎であれば、墓地でなくても森の中などにひょんな事から見つかることがあります。
ハイキングなどの際に出会った場合は、今回のお話を思い出してみてください。
五輪塔をこれまでと少し違った見方ができて面白いと思いますよ。